• cs60fukuoka

量子ヒーリングとアヒルの応援


昨年末の‘CS60施術体験会IN福岡’から早いものでもう半年が経ちます。

光陰矢の如しやなぁ。


お陰様で施術会へはたくさんの皆様が足を運んでくださいました。

その中には左半身麻痺を抱えるウサミさまがいらいたのですが、今回はそのウサミさんの話に触れたいと思います。よろしかったらお付き合いくださいませ。


詳細は割愛しますが、突然襲った麻痺はそれまで表現者として活躍されていたウサミさんの日常を一変させました。

当時ドイツ在住だったウサミさんは帰国の後、パートナーのトシクラさんとともにリハビリと治療に専念しながらあらゆる改善の道を模索しておられたそうです。

そんな時出会ったのがCS60でした。

そして縁あって福岡市中央区にてCS60サロンを営んでおられる“ほわいとび~ち” の白濱美咲さんを訪ねてゆかれたのです。


白濱さんはウサミさんを施術しながら西村先生ならどのようにアプローチされるだろうか、機会があれば先生に触れてもらえたらなと思ったそうです。

そうしたらタイミングよく福岡で初の施術会開催の運びとなったのです!!


施術会当日開場してすぐにいらしたウサミさんを見るや否や駆け寄った西村先生は力強く優しく声を掛けそっとCSを身体へ走らせました。

硬直した左半身にCSが触れると思わず表情がゆがみましたが施術がおわるとそこには明らかに穏やかな顔つきのウサミさんがいました。

担当した白濱さんと当サロンの上田は西村先生の施術を目の当たりにし確かな手ごたえを感じたようでした。


そして施術会の数日後、白濱さんの呼びかけでウサミさんの施術ボランティア企画が立ち上がりました!!

月に一回お宅を訪ねてのボランティア施術ですが、白濱さん曰く複数のCSで身体の各部位を施術すれば短時間でしっかりほぐせるし、なによりCSが集まることで目に見えない領域からのミラクルや驚きが現れるのではないか!! いやそうあってほしい♫

集まった我々施術者もそんな思いに賛同し施術に努めました。


昨年12月から合わせて六回、先日予定していたボランティア施術が無事終了しました。

僕にとって貴重な経験となったことは勿論ですが、真剣に向き合いかつ笑いの絶えない時間をみんなで共有できたことは何事にも代え難い宝となりました。


気になるウサミさんはと言いますと、初めて伺った年末硬直していた左半身には柔らかさを感じるようになり、穏やかな表情からは随分と滑らかに言葉が出ておられます。

月に一回だからこそ変化に気づけたのかもしれません。


ウサミさんは西村先生へ言いました、また以前のように動けるようになりたいと。

何よりもその思いが望む未来を手繰り寄せておるんだなと感じました。


我々施術者に出来ることを思考し目いっぱいの優しさを持って施術にあたる。

今後もCSの未知なる可能性を思い描きながら歩んでゆきたいと改めて心にしました。


ちなみに写真の施術台下には黄色いアヒルちゃんがいます。

ウサミさん宅に新しく仲間入りしたパーティカちゃん、トシクラさんの後ろをついて回りウサミさんに寄り添いガンバレーって鳴いてました(笑、あぁ愛らしかぁ♪


ウサミさんトシクラさんありがとうございました。

そして白濱さん素晴らしい機会をありがとうございました。


今後の施術へ生かしてゆきます。


感謝、合掌


ニシ





10回の閲覧0件のコメント